大学生の教養サロン

教養と言うよりは、暇つぶしです。

「若くていいわねえ」が日本で男女差別が消えない原因の1つ【大学生のどうでもいい悩み】

若いことは素晴らしいとされる日本

「若くていいね」は日常で時々耳にする言葉。

 

外国でも耳にするかもしれないが、日本は比較的多い気がする。

 

特に女性に対して言われる印象(まあ男も結構言われるが)。

 

「若いこと=価値」である日本

こんなことを言うと炎上するのは分かっているが、(比較的)日本の女性は「若い=価値」であるようにされている風潮は否めない。

 

美容のCMなどでよく目にする「マイナス10歳肌!」「加齢に伴うシワ、無くしませんか?」。

 

どれも「若い=価値」という価値観が前提である。

 

現地に住んだことはないので分からないが、ヨーロッパでは美容のCMなどでは若い人を起用しないこともザラにあるそう。

 

よくある「日本人のヨーロッパ(特にフランス、イタリア)への憧れ」かもしれないが、日本の「若い=価値」という価値観は、ヨーロッパに比べて古いように感じる(今の世界の風潮的に)。

 

「若い=価値」であることで起きる悪い現象

以降、日本では「若い=価値」とされていることを仮定して話す(例 若い女の子はかわいいなあ! 若い子がいると活気づくな!)。

 

結論から話すと、「若い=価値」のもとでは、女性は勉強しなくなる傾向にあると私は思う(主張なのであえて否定的な表現をする)。

 

実際の大学生

現実問題、高校で優秀な女性は東大を目指すのではなく指定校推薦でMARCH、早慶、有名私立の文系学部に進む傾向があるように感じる。

 

ここでは「東大が偉いかどうか」や「文系より理系の方が勉強しているか、偉いかどうか」ということではなく、「大学でも勉強しようとしているかどうか」に着目している。

 

また文系学部に進んでからは、資格や何かの勉強に励むというより、遊びに時間を費やしている人が多いように感じる(もちろん、男性も遊んでいる人は星の数ほどいる)。

 

また「理系=女性が少ない」というのは日本社会の常識であり、実際女性はかなり少ない(しかし実際は、その理系の中では男性よりも女性の方が優秀である傾向があるように私は感じる)。

 

つまり、「女性の方が優秀(勉強ができる、コミュニケーション能力が高いなど)な傾向にあるにもかかわらず、大学以降勉強する(資格、専門研究、副業に向けた勉強)女性が極端に減る」という主張を私は1番強調したい。

 

なぜ勉強しない女性が多いのか

なぜ大学生以降、極端に勉強する女性が少なくなるのかと言うと、「日本では女性は勉強しなくても良い暮らしができる可能性がある」からだと私は思う(炎上不可避)。

 

男性は能力(知能、コミュ力、精神力など)によって良い暮らしができるかどうか(お金がもらえるか)が決まるので大学生以降も勉強する人が比較的多いように感じる。

 

しかし「若い=価値」という価値観によって、女性は能力が多少足りなくても、良い暮らし(お金に不自由しない暮らし)ができる感はある(ただし見た目が美しくある必要があるという残酷な条件・努力がある)。

 

それの最たる例が「パパ活」であると私は思う。

 

こうして日本人の歪んだ価値観が生まれる

こうして日本における「管理職の女性割合の低さ」や、「同じ仕事をしているのに、給与が男性よりも女性の方が低い」といった歪んだ現象が生じている。

 

いや、「管理職における女性割合の低さ」はある意味妥当であると私は感じる(なぜなら、企業、社会のために勉強しようとしている女性の割合は男性よりも少ないように感じるからである)。

 

繰り返すが、「女性は男性より勉強が出来ない(優秀でない)」という考えは全く持って誤りで、正しくは、「女性は男性よりも勉強しようとする人が少ない」と個人的には考えている(ただし真剣に取り組めば、女性の方が男性より勉強が出来ると思われることも繰り返す)。

 

なぜこんな炎上不可避なことを言うのか

なぜ私はこのような、誰かに対する否定的なことを主張するのか。

 

それは「日本の男女差別社会は、男女両方に問題がある」と考えているからである。

 

つまりあえて嫌な言い方をすれば、「日本の男女差別は女性にも非がないわけではない」である(もちろん、1番悪いのはそういう対応をしている頭の悪い男どもであることは言うまでもない)。

 

「男女差別」が消えないのは「いじめ問題」が消えないのと似てる

男女差別において男性と女性両方に非があることと同じように、いじめ問題においてもいじめる側といじめられる側両方に問題がある、と私は考えている。

 

私の経験上、いじめられる人は何かしら周りに嫌なことをしていたことが多い(例 自慢ばかりする 人の家族を平気でバカにする ナチュラルに失礼なことを言う)。

 

おそらく大抵はいじめられる側にも問題があるはずなのに、「いじめは、100%いじめる側が悪い!!」とどや顔で主張する人がいる(しかしその人も、学生時代はいじめをある程度容認していただろう なぜならいじめられる人にそれなりの要因があることを感じていたからである)。

 

たしかに「いじめは、いじめる側が100%悪い!!」と主張すれば、いじめは若干減るかもしれない。

 

しかしおそらく、いじめを激減させることはできないだろう(なぜなら、問題を現実的に考えていないため、実際の現場ではただのキレイゴトと化してしまうからである)。

 

いじめをなくすには、「(いじめは明らかにいじめる側に非があるのだけれども)いじめられる側に問題がないわけではない」と「当事者双方に問題がある」ことを認めないと、問題は解決に向かわないと私は考える。

 

「男女差別」も同じく、「(男女差別はもちろん男に非があるのだけれども)女性に非がないわけではない」と認めないと、一向に解決に向かわないと思う(女性の非というのは、パパ活や玉の輿といった、「性」や「若さ」を駆使して人生を楽に生きようとするごく一部の女性のことだと考える たいていの女性には全く非がない)。

 

まとめ(長くなったのでまとめます)

つまり私は次のように考える。

 

①「若いっていいねえ」という日本の「若い=価値」という価値観

②「若い=価値」によって女性は男性より勉強しなくてもそれなりに生きていける

③頭の悪い男性が「男の方が女より頭が良い(=給与が高い、地位が高いなど)」と主張し始める(実際はそうではないことは何度も述べた)

 

って感じです。

 

補足:じゃあどうすればいいのか?(結局どうするんや)

じゃあどうすればいいのかというと、「みんなが賢くなって、みんながお互いに尊重しあえるようになる」のがいいんじゃない?と思う(脳みそお花畑)。

 

結局、男女差別も人種差別もいじめも戦争も、「頭が悪くて、他人への配慮に欠ける人」によって起きてると思う。

 

(小学校、中学校、高校の)「先生」の給料が高く、みんなが憧れる職業になれば、世界は平和に向かっていくと思う(その優秀な人たちが、子どもたちに良い教育をしていただきたい)。

 

結論:全国の先生の給料を上げてください!!(まあそんな資金ないのは分かってるが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【受験生・高校生】勉強のやる気が出ない時の解決法【正直、やる気なんて自然に出るわけない 出る方がおかしい()】

僕が高校生&受験生のとき

僕(高校生)「よし、切り替えて真面目に勉強するか」

~30分後~

僕(高校生)「(飽きた)(勉強つまらん)(分からん)」

 

僕が大学生(4年生)の時

僕(大学生)「よし、今日から院試の勉強真面目に始めるか」

~15分後~

僕(大学生)「(飽きた)(FIFAやりてえ)(とりあえず携帯いじるか)」

 

正直、いくら年齢が上がっても勉強への耐性は変わらないです

僕が高校生(中学生)の時は、大学生や大人になったら勉強は自然にサラッとしているものだと思ってました(知的な大人への憧れ)。

 

しかし、今(大学生)も昔(高校生・中学生)も勉強へのやる気は変わりません(むしろ下がってるとまで言えるかもしれません)。

 

勉強をするために椅子に座り、筆箱を開け、紙を用意し、教科書を開くことは相当嫌なことです。

 

では、どうするか(解決法)

ずばり、「徐々に体を慣らす」ことが僕の中での「勉強嫌だなあ」の解決策です。

 

具体例

1日目:よし、とりあえず椅子に座るか 勉強机でアマプラでもみるか

2日目:筆箱開けるか ついでにノートでも開いたり、教科書パラパラしたりしてみるか 10分座ったら終わりでいいや

3日目:1問だけ解いてみるか 1問解き終わったら勉強終わりでも続けてもどっちでもいいや

4日目:今日も1問でいいか

・・・

 

的な感じで、徐々に慣らしていきます。

 

なぜ「慣らす」のか

いきなり生活リズムが変わると、精神的にザワザワするからです。

 

例えば僕がいきなり「明日から高校生と同じように、2時間練習のあと坂ダッシュしてもらうぞ」なんて言われたら、発狂します。

 

なぜなら僕は、毎日猫のような動かない生活をしているからです。

 

比較的今でも勉強している僕でも、連日バイトした翌日に5時間勉強するなんて、無理です。

 

「慣らす」目安

個人的には1日2時間勉強するには1週間くらい必要だと思います。

 

中学生、高校生はまだあまり勉強する習慣がないので、もっと必要かもしれません。

 

具体例(高校1年生の場合:目標は1日1時間勉強)

①部活つらい 帰ったら寝てしまう

②帰宅→夜ご飯→風呂のあとに、一瞬(5分くらい)勉強机に座ってマンガ読んだりする 

③慣れてきたら、10分、30分~と座る時間増やす マンガなりゲームなりしてください

④さらに慣れてきたら、筆箱と問題集頑張って机に出す

⑤頑張って筆箱、問題集開いてみる 勉強は始めなくていい

⑥とりあえず1問解いてみる 1問終わったら終わり

・・・

 

高校1年生が、帰宅して勉強机に座った時点で、全国の上位10%くらいには入ると思います。

 

まとめ:勉強は嫌で当然 慣れるまでに時間かかる

物事には順番があり、勉強も同じです。

 

まずは机(椅子)に座りましょう。

 

机についただけで、高校1年生なら全国上位10%、高校2年生なら全国上位20%、高校3年生なら全国上位30%です(多分)。

 

 

 

 

 

 

【感想】ノマドランド(2021年映画)みてきた【ネタバレ無し】

あらすじ(ネタバレ無し)

ノマド遊牧民族的な生き方の人)の女性(主人公:ファーン 50~歳くらい?)が生活の中でどんなことが起き、どんなことを考えるかを描いた作品。

 

簡単に言えば日常アニメ的なやつです。

 

僕(理系大学生レベル22)の感想(ネタバレ無し)

正直、マジで意味分からなかったです。

 

でもなんか良い映画でした。

 

「起承転結!(ドン!)」ってかんじの映画ではなくて、日常の中で色々考える系の作品に感じました。

 

60歳過ぎて観てみると、また感じ方が変わるだろうなと思いました。

 

レベル22の僕には、全然わからなかったです。

 

こんな人向け(主観)

・子供も自立し、次のステージで生きるレベル60~の方

・考え事、悩むことが好きな人

・哲学好きな人

・なんか落ち着いた外国の映画観たい人

 

 

 

 

数学って、友達んちに行くのと似てる【大学受験】【理系大学生の暇つぶし】

友達んち(家)って、適当にいけば案外たどり着く

小学生の時、友達の家への道って1回か2回行けば覚えた気がします。

 

別に真剣に覚えようとしたわけでも、道に何があったかしっかり観察したわけでもないのに、なぜかたどり着く。

 

当時はただモンスターを狩るために友達んちを目指してました。

 

なぜ僕は友達んちへたどり着いていたのか

道を正確に暗記したわけでもないのに、なぜ僕は友達んちにたどり着けたのか。

 

それは、「連想したから」です。

 

・この角を曲がったらあの店が見える

・たしかあそこらへんの近くだよな

・どっちが見たことある道だっけ

・この景色、見覚えあるぞ

 

通る道で、次に進むべき道をなんとなく連想できたので、なんとなく家にたどり着けてたのです。

 

数学はどうか

数学も、「友達の家に行く」のと似てる気がします。

 

・この文章見たことある

・この式見たことある

・この式変形、前にやったことあるぞ

・なんかあの公式使いそうじゃね

 

初めからゴールが見えているわけではないのですが、進めていくと何となく道が見えてくる気がします。

 

ではなぜ、数学は難しいのか

みんな友達の家に行くことは簡単にできるのに、なぜ数学は出来る人と出来ない人がいるのでしょうか。

 

それは「あんま面白くない(ように見える)」からだと思います。

 

やはり数学は勉強として「やらされている(ように感じる)」ので、あまり乗り気がしないです。

 

友達の家に行けばモンスターを討伐できとても面白いのですが、数学は勉強してもモンスターを討伐出来ないので、あまりやる気がわきません。

 

かくいう自分も、数学はあまり得意じゃないです。

 

じゃあどうすれば数学が出来るようになるのか

ではどうすれば数学ができるようになるのでしょうか。

 

それは僕が聞きたいです。

 

・・という冗談はさておき、「僕がまあまあ数学が出来るようになった方法」を紹介します。

 

それは「とにかく公式を覚える」ことです。

 

友達の家への道は無意識になんとなく覚えられましたが、残念ながら数学の公式は無意識に覚えることは難しいです(いわゆるこれが、才能ってやつです)。

 

僕は勉強が好きじゃなかったので、「友達んちの道」に対応する「数学の公式」を無理やり何百回も頭に入れようとしました(たいていすぐ、頭からこぼれ落ちます)。

 

はい、地獄やんって感じですね。

 

そうです、数学(というより勉強)は地獄です。

 

勉強なんて面白くねえっていう(てい)体で勉強する

勉強を面白いと感じるかどうかは、才能によります。

 

問題を解けることが楽しいと思えるかどうかは、生まれつきによるものだと個人的には思っています(数学の問題が解けることより、モンスターを討伐することの方が楽しいと感じてしまいます)。

 

しかし、この世界は資本主義という残酷な仕組みのため、どんなに勉強が嫌いでも、ある程度できないとダメと言われてしまいます(例:こら、のび太!勉強しなさい!)。

 

なので、「こんなもん”どうせ”楽しくねえだろ」という体(てい)で机に座ります。

 

どうせ面白くないんだから、当然続きません(たいてい10分くらいしたらむずむずしてきます)。

 

それを毎日、毎時間続けます。

 

公式を覚えれば、なんとなく出来る気がする

大学受験(高校受験)にでてくる公式をほぼ全て覚えれば、なんとなく問題が出来るような気がしてきます(出来るかは分かりません)。

 

「どうせ覚えた公式のどれか使うんやろ」という謎の安心感を感じます。

 

数学の教師がそれを聞いたら、ほぼ確で「数学は覚えてやるんじゃない」と否定してきます。

 

なぜなら彼らは「数学が好き&公式は何十年もの経験から頭にしみついてる」からです。

 

残念ながら、彼らに僕たちの「数学おもんねえ~」という気持ちは分かりません。

 

なぜなら、公式は知らないしそもそも数学なんてあんま好きじゃないからです。

 

「友達の家に行く」=「数学」まとめ

・友達んちへたどり着けるのは、道を連想してたから

・数学の公式はごり押しで覚える(友達んちみたいに面白くないので、無意識には覚えられない)

・公式が頭の中に入ったら、初めて数学で「連想する」ことができる

 

ということで、今回は以上です。

 

 

 

 

 

大学新入生が知っとくべきオンライン授業の知識6選【zoom】【春から大学生】

春からオンラインか対面か分からないですが・・・

今年(2021年)の4月からオンラインか対面か分からないですね。

 

ワクチンも僕たち若者は少なくとも5月(6月?7月?それ以上?)以降らしいので、僕的にはオンライン+対面の複合な気がします。

 

まあ授業以外にも今後zoomなどは使うと思うので、一応注意点を書きます。

 

オンラインの知識①:マイクと画面のOFFは必ず確認する

これが一番重要です。

 

「俺はそんなことしない」って思ってても、意外とみんなやります。

 

この前の授業で、「ママ~この前ね~」みたいな母親との会話丸聞こえの女の子がいて、聞いてる自分も恥ずかしかったです。

 

これが誰かの悪口やおならとかだと、マジで笑えません(単位に関わるかも・・)。

 

オンラインの知識②:入れるブラウザ(GoogleYahoo!など)を確認しておく

授業の前に、使用できるブラウザ(GoogleYahoo!など)を確認しておきましょう。

 

zoomなどにはアプリがありますが、普通は、

1.誰か(先生など)が部屋を作る(部屋を作るとURLが表示される)

2.そのURLを検索して、その会議(授業)に参加する

という手順がとられます(授業なら、URLは大学のメールアドレスに送られてきます)。

 

それを検索するときに、たしか携帯(iPhoneAndroidなど)だとGoogleでは入室できません(今はどうか分かりません 自分はそれで1年前めっちゃ焦った記憶があります)。

 

授業前に超焦る前に、何で検索すれば入室できるのか確認しておきたいです(自分は携帯ならSafari、PCならGoogleChromeで入っています)。

 

オンラインの知識③:メールアドレスは大学アカウントで登録する

zoomなどには時間制限があります(たしか45分とかです 課金すれば一般でも時間制限なくなります)。

 

しかし大学のメールアドレスで登録すれば、基本的に時間制限などはなくなります。

 

ホスト(部屋を作る人)が時間制限なければOKなのですが、今後自分たちで会議やオンライン飲み会する可能性もあるので、一応大学のメールアドレスで登録しましょう。

 

オンラインの知識④:名前は普通の名前、画像は未設定にしよう

オンライン授業では、マイクや画面をOFFにしていても、名前や登録画像は表示されます。

 

その時に変なニックネーム(~ぽんなど)だったり、変な画像だったり(推しメン、自分の写真など)すると、非常に恥ずかしいです。

 

強いこだわりがない限り、名前は自分の名前、画像は未設定にしましょう(ニックネームや画像を登録している人は、ほとんど見たことないです 100人に一人くらい)。

 

オンラインの知識⑤:手の挙げ方、チャットの仕方、マイクのONなど確認しておく

実はzoomなどは、誰かと通信しなくても自分で部屋を開いて1人でできます。

 

一度自分でzoomなどを開いて、どこに何のボタンがあるのかを確認しておくといいと思います。

 

挙手で出席確認する先生もいるので、要チェックです(特に挙手ボタンやチャットボタンは、スタンプボタンと近いため、授業中に一人変なスタンプを送りかねません)。

 

オンラインの知識⑥:画面はONにしましょう とか言い出す先生もいる

時々強いこだわりから、画面ONと言ってくる先生もいます(たしかに生徒の顔が見えてた方がやる気が出るのは分かります)。

 

そのとき髪がボサボサだったり変なパジャマだったりすると、少し恥ずかしいです。

 

自分は毎日余裕でパジャマ+ダサメガネ+ヒゲでやってますが、それを見られるのが嫌な人もいると思うので、一応まともな格好をしておくといいかもしれません。

 

楽しい大学ライフを

意外と大学は面白いです(自分は入るまでクソつまんないものだと思ってました)。

 

しかしやるべきことはしっかりやらないと、変にストレスがかかってしまうこともあるので、zoomの準備などはしっかりやりたいですね。

 

それじゃ、今回は終わりです!

 

理系大学生がWordPressを1年間試したら、地獄だった話【ブログはマジで難しい】

1年間、WordPressをやってみました

約1年前、僕はふと思い立ちました。

 

「コロナ期間を利用してブログ極めたくね・・・?」

 

そして僕は、特に深く考えずに、 ConoHaでサーバーを借りて、WordPressを始めました(総額約1万円以上)。

 

意識高く始めた春(2020年4月 当時大学3年生)

当時は4月病(?)で意識が非常に高い時期でした(年1くらいでめっちゃ意識高くなる)。

 

当時の僕は「イケハヤさん」や「マナブさん」に触発されて、次のような目標を立てました。

 

「よし、毎日投稿頑張るぞ~!」

 

それから僕は、1日最低6時間かけて、ブログを毎日書き続けました。

 

伸びない閲覧数

しかし毎日多くの調べものをして、6~8時間かけて必死に記事を書いても、1記事につき閲覧数は多くて1回/日(0回/日が普通でした)。

 

正直始める前は、

 

「1日に最低100回は見られればいいかなあ」

 

なんて調子こいてました。

 

現実はちっとも甘くありませんでした。

 

迷走する日々

「受験で国語頑張った僕がこんなはずはない!!何かほかに問題があるはずだ!!!」

 

と思い、SEO対策(使うワードとかで検索狙うやつ)や文章構成の本を読み漁ったり、Googleなんたらみたいな分析してくれるアプリを使ってみたりと、あの手この手で解決法を探りました。

 

でも全く効果はありませんでした。

 

そして閲覧数0が続く日々に嫌気がさし、僕はとうとうブログを書くことを辞めてしまいました。

 

6月の初めで、僕の夢はあっけなく散ってしまいました(約2か月の短い夢でした)。

 

ブログが続かなかった理由①:数字に拘りすぎた

僕がメンタルブレイクした1番の原因は、数字を気にしすぎたことかもしれません。

 

毎日閲覧数をチェックして、0を見て・・の繰り返しは地獄でした。

 

最初の目的は、「役に立つブログを書こう」だったのに、いつのまにか「1回でも見られるブログを書こう」に変わってました。

 

ブログが続かなかった理由②:自分本位になっていた

やっぱりブログやYouTubeなどで面白いコンテンツを生み出している人って、心の底から「人を楽しませたい・役に立ちたい」と思ってる人が多いと思います(もちろんそうじゃない人もいますが)。

 

その根本的思考が僕には欠けていたため、「なんで自分の記事を読まないんだ?」という人のせい思考が良くなかったのだと思います。

 

ブログが続かなかった理由③:そもそも面白くなかった

面白くないことを続けることは苦痛です。

 

クソ真面目な文章を書くことや、長ったらしい文章を書くことは、僕にとって退屈な作業でした。

 

それよりも、こうやって砕けた文章を書くことや、家でFIFAをすることの方が、何千倍も面白いです。

 

総括:まあ悪くはない経験だった

面白くなかったし、1万円ドブに捨てたし、膨大な時間も無駄にしたし、散々でしたが、まあ暇つぶしにはなりました。

 

「あっ、俺ってブログ無理なんやなあ」って思いました。

 

これからまた、何か新しいこと始めてみようと思いました(4月病の再来・・?)(以下無限ループ)。

 

 

ブログ移転のお知らせ

このたび私事ですが、目標であった記事数が50記事に到達したため、ブログを移転することにしました。

 

ブログを開設した当初は、浪人生活の1年間を書き終えたら終わりにしようかと考えていました。

 

しかしブログを書いていくにつれて、文章を書くことの面白さを感じ、浪人ネタ以外にも興味がわいてきました。

 

またブログの他にも、YouTubeや資産運用など、様々なネットビジネスに手を出そうと考えております。

 

新しく開設したWordPressの方のブログにも、浪人ネタは時々書こうと思いますので、そちらも参照してください。

 

新しいブログのリンクはこちら↓

 

www.tamakoji.com

 

それでは浪人生のみなさん、引き続き頑張っていきましょう。

 

では。

 

『大学生 暇』と調べている人に伝えたい1つのこと【あなたの3分ください】

f:id:leroysaneeee:20200413085229j:plain

 ※この記事は2020年4月に更新しました

こんな方に向けて書いています

 

「大学生って本当にやることない」

 

「サークルとか飲み会とか旅行とか、楽しいんだけど何か物足りない気がする」

 

「サークル入ってないし、とりあえずバイトしまくってる」

 

「頑張って大学入ったけど、何か思ってたのと違う」

 

 

 その退屈を心からワクワクすることに使いませんか?

 

私も今まで、自分の有り余る時間をつぶすために色々なことをしてきました。

 

・サークル

・飲み会

・バイト

・映画を観まくる

・マンガ読みまくる

・デートする

・海外旅行に行く

・ゲームをする

・免許を取る

・・・

 

でも「何か違うな」という違和感はなくなりませんでした。

 

しかしこれから紹介する「たった1つの行動」でその違和感は完全になくなりました

 

今からその「たった1つの行動」を紹介しようと思います。

 

 

その前に知っておいてほしいこと

 

 「いま、学歴社会が崩壊する寸前」

 

であることを知っていますか?

 

まずはほんの少しだけ、「学歴社会の崩壊」について話させてください

 

 

終身雇用の廃止

 

2019年から、自動車メーカーTOYOTAの豊田社長や、HITACHIの中西会長

 

「終身雇用の限界」

 

を主張し始め、いま日本の雇用形態は急速に変化しています。

 

つまり

 

「働かないおじさんはいらない」

 

と言い出したのです。

 

10年前には全く想像できない事態です。

 

それに影響されたのか、2019年に続々と大企業がおじさんのリストラを始めました。

 

例を挙げると、

みずほ証券

朝日新聞

・キリン

・日産

・損保ジャパン

富士通

・・・(詳しくは→https://shigoto-cafe.com/restructuring/

 

 

副業を解禁しだした企業

 

おじさんのリストラに加えて、

 

「副業の解禁・推奨」

 

をしだす企業も続々と増えてきました。

 

例を挙げると、

Yahoo!

富士通

・森永製菓

サントリー

TOYOTA自動車

・日産

任天堂

・みずほファイナンシャルグループ

明治安田生命保険

・・・(詳しくはこちら→https://fukugyo.co.jp/9863/

 

学歴社会は崩壊する

 

この「終身雇用の廃止」と「副業の解禁」によって「学歴社会は崩壊する」と言われています。

 

しかし完全に崩壊するわけではありません。

 

ただ今までのように、

 

「有名企業に入ってしまえば人生安泰」

 

という状況はほぼ間違いなく終わる、と言われています。

 

つまり

 

「使えない人は、いつ失業してもおかしくない」

 

という欧米と同じ社会に、日本もなります。

 

おススメする「たった一つの行動」とは

 

それは、

 

「あるYouTubeを見る」

 

ことです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

この二人はいま急速に伸びている「ビジネス系ユーチューバー」というジャンルです。

 

「とにかくこの動画を観てほしい」

 

これしか私は言えません。

 

なぜならこの二人が全部答えを教えてくれるからです。

 

「なんでこんな退屈なのか」

「普通の人生を脱却したい」

「お金をたくさん稼ぎたい」

「もう凡人は嫌だ」

 

とりあえず騙されたと思って観てみてください。

 

ほんと、10分でいいから観てほしいです。

 

退屈から脱却しましょう。

 

一緒に戦ってください

 

私はいま急速に変わりつつある社会で、一人でも多くの大学生と一緒に戦いたいです。

 

一人でも多くの大学生が危機感をもって、衰退する日本を救いたいです。

 

私たちの親世代がよく言う、

 

「大学生のうちに遊んでおきなさい」

 

はもう嘘の時代になりました。

 

遊ばないこと=楽しくない、ではありません。

 

「お金を稼ぐこと」

「何かを創作すること」

「誰かのために頑張ること」

 

これらも立派な遊びだと思います。

 

なぜなら楽しいからです。

 

偉そうなこと言って本当にすみません。

 

でもこのままだと日本はヤバいと本気で思います。

 

そろそろみんなで、「消費する側」から、「提供する側」になりましょう。

 

日本の若者が、日本を救ってやりましょう。

 

 

 

VRの基礎知識と未来で起きること【VR革命】

f:id:leroysaneeee:20200412112252j:plain

※この記事は2020年4月に更新されたものです

 

VRってプレステのやつでしょ?」

「なんか顔につけるやつってことは知ってる」

「高そうな機械ね」

 

VRは2016年10月にSONYPSVRとして一般発売を始めてから、一気に知名度が上がった新時代のデバイスです

 

しかし値段や敷居の高さから、2020年となった今もなお一般の生活にあまり普及していないようです

 

だから今回は、あらためてVRとは何か」「未来のVR事情はどうなるのか」について、説明・考察していきたいと思います。

 

 

VRとは何か

VRとは「Virtual Reality」の略で、日本語では「仮想現実」です。

 

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を顔につけることで、視界の360°すべての方向の映像を見ることができます。

HMDと付属のデバイスを用いて、ゲーム・スポーツ観戦など多くの分野で活用されています

f:id:leroysaneeee:20200412114659j:plain

SONYが発売してるVRセット 2020年4月現在、3~5万で販売されている

 

VR業界の市場規模はどれくらいか

 

IT分野の分析における、世界的企業の IDC Japan によれば、『AR/VR関連の全世界の

支出額は2019年で約1.7兆円、2023年には10倍の約17兆3000億円に達する』と予測されています。

VR市場をほかの分野で例えるなら、2019年現在の1.7兆円は「全世界の電子書籍市場」と同程度で、2023年の17兆3000億円は現在の「全世界のカジノ市場」と同程度です。

 

同じく IDC Japan による、VRの日本における市場規模は、『2019年現在は1400億円で、現在の日本の自転車市場やJリーグ市場と同程度、2023年は3700億円で、現在の

日本のカラオケ市場やクリーニング市場と同程度』となっています。

f:id:leroysaneeee:20200412121613j:plain

2023年のVR市場は、現在のカラオケ市場に並ぶと予測されている

 

注目されているVRの利用分野とは

・スポーツ×VR

最近ニュースでも報じられることの多いスポーツとVRの融合は実現されるでしょう。

VRによって、観客と選手の2つの視点でさらに楽しめるようになります。

新型コロナウイルスの影響で、東京オリンピック2020が延期されたので、よりVR技術の

発展が期待できます。

 

・広告×VR

視聴者(ユーザー)が見ているスクリーンに広告を流すことも考えられています。

従来までの広告・CMとは全く異なる、「体験型」の広告を企業が流すことによって、

さらなる商品の普及につながると考えられているようです。

 

・医療×VR

今までの平面モニターでは難しかった、遠隔操作による手術やオンライン診療などが、VRの普及によって現実化できると考えられています。

医療の教育の観点では、実際の手術の様子をVRによって見学することで、よりリアルな研修を行えるようになることも期待されています。

 

・不動産・ショッピング×VR

不動産やショッピングなど、実際に見てから購入したい商品の見学に、VRが利用されます。

不動産においては内見における移動時間の短縮や設計時の調整に役立つ、ショッピングにおいてはVR空間に商品を無限に陳列できるので無駄な在庫を抱える心配がない

ことなどがメリットとして考えられています。

 

・観光・旅行×VR

広告と似ていますが、実際の現地の映像をVRで見てもらうことで旅行促進につながると考えられています。

また普段は立ち入れない場所もVRを通すことで見ることができる可能性もあります。

 

・教育×VR

教育分野でもVRの利用が考えられています。

「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、勉強は経験することでより理解が深まることから、VRは教育業界からも期待されています。

 

・ゲーム×VR

VRといえばゲーム、のようなイメージがある方も多いと思われます。

特に2020年は通信分野において5G の導入が期待されており、すでに6G の開発に

着手している企業もあるので、今後はより大人数で出来るリアルなVRゲームが期待されています。

 

VRで未来がどう変わるか考察してみた

YouTubeVR版ができる

一般人が撮影したVR映像を、世界に発信できるYouTubeのようなプラットホームができると予想します。

しかしそのためには、VRに対応したカメラの普及と、一般人でも購入できる機材価格の低下が求められるので、実現されるのはもう少し先かもしれません。

 

少子化がさらに加速する

下品な話ですが、VRの普及によって仮想デートを楽しめたり、よりリアルなAVの普及が予測されるので、少子化はさらに加速すると考えます。

特に世界的にも少子高齢化が進んでいる日本にとっては、より深刻な問題かもしれません。

 

・居酒屋の衰退

2020年の新型コロナウイルスの影響で注目されているオンライン飲み会に関連して、

オンライン飲み会×VR(=VR飲み会)によって居酒屋産業は衰退すると考えます。

特に金銭的余裕がない若者にとっては、もしオンラインでリアルに近い飲み会が開催

できるのであれば、VR飲み会を選ぶかもしれません。

 

・旅行産業の衰退

先ほど旅行産業にVRが利用されると述べましたが、私はVRの導入は旅行産業にとって逆効果だと考えます。

より技術が進歩してリアルな映像が楽しめるのであれば、わざわざ高いお金を払って

旅行をしない人が増えると考えます。

 

・宇宙・深海業界の研究が盛り上がる

VRの導入によってこれまで見れなかったものが見れるようになると、人は宇宙や深海を見たいと考えると思います。

これまで生活と何の関わりもなかった宇宙・深海の需要が高まるので、より研究費がそれらの方面に回されると予想します。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

引き続き、新しい教養について更新していこうと思います。

 

では。

普天間・辺野古問題って結局なに?【小学生でも分かる】

 

複雑でよく分からない普天間辺野古問題を、誰でも分かるように分かりやすく解説します。

 

普天間基地辺野古移設問題って結局なに?

ざっくりまとめると、

普天間にあった米軍基地を、辺野古に移設するなんて嫌だ!」

という問題です。

※「辺野古埋め立て」=「辺野古に基地を作る」です。 

 

普天間基地辺野古移設問題を時系列で分かりやすく解説

1945年 普天間飛行場が沖縄に建設される

第二次世界大戦沖縄戦の最中、アメリカ軍は攻撃の拠点とするため、沖縄の宜野湾村の一部に基地・飛行場を建設しました。

これが普天間基地のはじまりです。

f:id:leroysaneeee:20200411122500j:plain

沖縄戦

1995年 アメリカ軍兵士、12歳の少女暴行事件

1945年に基地が建設されてから、1950年の朝鮮戦争や1972年の沖縄返還がありましたが、依然として普天間基地はそのままでした。

しかしこの少女暴行事件により、沖縄県民の怒りが爆発し、一気に世論は米軍基地を沖縄から追い出そう、という考えになりました。

f:id:leroysaneeee:20200411125650j:plain

事件を訴える高校生

1996年 普天間基地、沖縄に返還合意(条件付き)

日米両政府が合意のもと、普天間基地は条件付きで5~7年以内に沖縄に返還されることが決まりました。

返還の条件とは、「普天間基地の県内移設」です。

f:id:leroysaneeee:20200411124120j:plain

返還に合意する、日米の代表

 

1999年 辺野古移設が決定される

元から基地があった・住宅地から離れている・海の上にヘリポートを設置できる、などの理由から、沖縄県名護市にある辺野古に米軍基地が移設されることを、閣議決定されました。

f:id:leroysaneeee:20200411125132j:plain

辺野古の様子

2004年 米ヘリコプター、大学に墜落

 沖縄国際大学に墜落した普天間基地の米軍ヘリは、市民を恐怖させました。

ヘリに搭乗していた米軍兵は、負傷したものの全員無事でした。

夏休み中だったため、日本人の死傷者も出ていません。

f:id:leroysaneeee:20200411125913p:plain

ヘリが墜落した様子

2009年 鳩山首相最低でも県外」& 2010年 鳩山首相「やっぱ断念」

鳩山首相の発言により、辺野古問題はややこしくなりました。

f:id:leroysaneeee:20200411131045j:plain

民主党の鳩山総理

2012年 仲井真沖縄県知事辺野古埋め立て承認

辺野古埋め立てへと進みました。

f:id:leroysaneeee:20200411131224j:plain

仲井真知事

2014年 埋め立て反対派の翁長氏が沖縄県知事

翁長知事は全力で埋め立て反対しました。

f:id:leroysaneeee:20200411131526j:plain

翁長知事

2015年 翁長県知事、「辺野古埋め立て取り消し」に踏み切る

翁長知事は国を相手にとり、裁判に踏み切ります。

 

2016年 「辺野古埋め立て取り消し」裁判で、沖縄県敗訴

沖縄県は裁判に負けてしまい、辺野古埋め立てが進行してしまいました。

 

2018年 翁長県知事が亡くなる & 辺野古埋め立て開始

 辺野古埋め立て反対派の翁長知事が急逝してしまい、辺野古埋め立てがついに開始されました。

なお、2021年に工事終了を予定されています(2020年4月現在)。

f:id:leroysaneeee:20200411131851j:plain

埋め立てられる辺野古

 

まとめ

このように、

辺野古に基地を置きたくない人」vs「辺野古に基地を置きたい人」vs「そもそも沖縄に基地を置きたくない人」vs・・・

と、様々な主張の人がいるから普天間辺野古問題はややこしくなっています。

今後の流れに注目です。

大学生のためのzoom【オンライン授業・オンライン飲み会】

zoomとは

2011年にアメリカ合衆国サンフランシスコで設立された、Zoom Video Communications(ズーム ビデオ コミュニケーションズ)が提供するWeb会議サービスです。

PC、スマートフォンタブレットなどあらゆるデバイスで使えます。

また、WindowsMacOSAndroidiOSなど、あらゆるOSに対応しているのもzoomの強みとなっています。

 

 

zoomのメリット

あらゆる端末に対応している

上にも書いた通り、PC、スマートフォンタブレットなど多くの端末で使えます。

 

画面共有できる

画面を分割して、参加者全員の顔を見ながら会話できます。

 

ファイル共有できる

DropboxGoogleドライブ、OneDriveなどのファイルを参加者間で共有できます。

 

バーチャル背景が使える

zoomが元々提供している画像や、自分が持ってる写真を背景にして、会話できます。

映像加工に使われるグリーンバックなどの機材も一切不要です。

 

主催者以外、会員登録/ログイン不要

主催者が送ったURLをクリックすれば、すぐに会話を始められます。

ただ、アプリをインストールする必要があるので、初回はインストールするための時間がかかります。

 

無料版でも最大100人参加できる

有料版なら最大1000人参加できます。

 

データ通信料が少ない

zoomは使用されるデータ通信量が少なく、LINEのビデオ通話と同じくらいです。

また、データ通信量をあまり使わないので、タイムラグや画面停止がSkypeなどと比べて起こりづらいのも特徴です。

 

マイク、イヤホンの設定不要

何も設定する必要はありません。

 

部屋着OK

面倒な着替えやメイクは必要ありません。

 

終電を気にしなくていい

途中で寝てしまっても家なのでOKです。

 

自分のペースで楽しめる

zoomなどでのオンライン飲み会は、大学生の飲み会にありがちな、飲みの強制やコールがしづらいです。

 

安い

居酒屋では2時間で2500円とられてしまい、2次会とかも行くとなると1日で5000円~10000円無くなってしまいます。

オンライン飲み会なら、たくさん飲んで食っても1000円以内で済みます。

 

 

zoomのデメリット

無料版の場合、3人以上では40分で通信が制限される

2人なら無料版でも時間無制限ですが、3人以上では時間制限があります。

しかしzoomを利用した人の口コミを見ると、40分を過ぎても使用継続できた人がちらほらといます。

40分以上使用できた原因としては、

・主催者が大学のメールアドレスを登録していた

新型コロナウイルスの活動自粛期間(2020年4月現在)で、制限が一時撤廃された

・ランダムで制限が撤廃される時間がある

などが考えられますが、真相はまだ分かりません。

判明したら追記します。

※2020年5月追記

⇒どうやらコロナで休校措置となった幼稚園~高校などの教育機関+一部の大学のメールアドレスで登録したアカウントで時間制限が解除される、とのことです。

 

複数人が同時にしゃべると声がよく聞こえない

音は通じるのですが、オフラインの飲み会のように、何人もが同時にしゃべるとよくわ分からなくなります。

順番にしゃべるのが良いでしょう。

 

セキュリティが比較的弱い

zoomのセキュリティの脆弱性は多くの人が指摘しています。

しかしパスワードなどの制限機能もあるので、ハッキングされない限りは大丈夫です。

URLを不特定多数の人が見るSNSなどに載っけないことに注意しましょう。

 

 

大学のオンライン授業はzoom?

筆者はzoomな気がします。

上に述べたメリットの他にも、挙手できる機能がついていたりと、zoomには簡易性/利便性が備わっているので、授業がスムーズに進行できると思います。

ただ、セキュリティの脆弱性はどうしても気になる部分で、そこが改善されない限りは使用できないかもしれないです。

実際Googleなどの企業や、台湾・ドイツ政府などはすでにzoomの使用禁止/制限に踏み切っているので、zoomはセキュリティの強化が急務の課題です。

 

 

大学生のオンライン飲み会はzoom?

zoomで全く問題ないと思います。

仮に40分過ぎたとしても、すぐにつなぎ直せるのであまり気になりません。

もし途切れるのが嫌な方は、Wherebyやたくのむ、LINEビデオ通話などでもいいかもしれません。

 

ホームレスの仕事~ビッグイシュー~

ホームレスの仕事

f:id:leroysaneeee:20200409113628j:plain

 

 ホームレスの人は、常に寝ているように見えて、実は働いています

主な仕事は廃品回収(空き缶、古紙、貴金属、家電製品)や日雇い労働(ドカタ)です。

その中でも今回は、ビッグイシュー(THE BIG ISSUEについて紹介しようと思います。

 

ビッグイシューとは何なのか

f:id:leroysaneeee:20200409115544j:plain

 ビッグイシューとは、「雑誌を売る」仕事のことです。

駅前で時々、大量の雑誌を広げて売っている人たちは、実はホームレスの人たちです。

ビッグイシュー(THE BIG ISSUE)は、1991年にロンドンで発祥したホームレスの社会復帰を目的とした社会的企業で、2003年に日本に進出しました。

日本版の内容は主に、俳優などの芸能人・自然・健康・文化についてのもので、政治的な内容も含まれています。

 

仕組みの例

f:id:leroysaneeee:20200409121616j:plain

ビッグイシューを売る人

1.ホームレスの人は、「ビッグイシュー 日本版」をビッグイシュー(企業)から無料で10冊貰う

2.貰った10冊を1冊350円※で売り、新しい「ビッグイシュー 日本版」を定価170円で新たにビッグイシュー(企業)から買い、売る

3.利益は1冊180円で、それを繰り返す

といった流れです。

販売価格の半分以上はホームレスの人たちの稼ぎになります。

※2020年4月から、350円→450円と変更になりました

 

ビッグイシューの歴史

ビッグイシューの初め

ビッグイシューが2003年に日本で導入された当初、100%失敗すると言われていました。

・国民の活字離れ

・雑誌の路上販売の文化がない(怪しい)

・有料では売れない

・ホームレスの人たちからは買わない

などが主な理由です。

しかし、世間の予想に反して、誰もが読みたくなるような内容と、日本人の人思いの国民性に起因したのか、2003年から現在(2020年)までビッグイシューの活動は続いています

 

ビッグイシューの現在

2003年から続くビッグイシューは、累計登録者が約2000人を超え、累計867万冊を売り上げ、ホームレスに約13億円を超える収入を提供しました(2019年11月現在)。

しかし、2020年初めに世界的に広まった「新型コロナウイルス」の影響により歴史的大不況が訪れたことで、ビッグイシューは従来の1冊350円から、450円と大幅な値上げをする決定をされました。

 

未来のビッグイシューとホームレス

近年のAIなどの技術革新と職業の専門性の上昇により、このままだと職を失う人が増えてしまう可能性があります。

また、高齢化による、高齢者の働き口の提供も無視してはならない問題です。

したがって、これからは技術革新によって失われた職に代わる新しい職の創造と、ホームレスや高齢者など従来はあまり労働に関わってこなかった層の人々への職の提供が求められてきます。

ビッグイシューの存続と発展、また新しい職業コンテンツの創造がこれから社会を担っていく人々に求められます。

 

 

 

 

『模試の結果』と『合格率』の話

「うわ、模試やば・・・」

 

「周り結構取れてるのに、自分だけなぜか低い・・・」

 

「○○大学に受かる人の例年の点数より全然低い・・・」

 

 

 

模試が悪かった時のメンタルって非常にえぐられますよね・・・

 

今回は、現役と浪人と塾講師を経験した私が感じた、『模試』と『合格率』について書こうと思います。

 

 

~もくじ~

①実際の模試の信頼度とは

②模試でやるべき2つのこと

 

 

 

①実際の『模試の信頼度』ってどれくらいなの?

 

あくまで4年間受験にかかわってきた(現役+浪人+塾講師2年)私の個人的な感覚ですが、

 

60%

 

くらいだと思います。

 

言い換えると、

 

「結構模試が良かった人の半分ちょいは合格するけど、模試が良くなかった人の半分くらいは合格する」

 

くらいな感じです。

 

さらに言い換えると、

 

「期待されてた人の半分ちょいは合格して、残りの合格は期待されてなかった人から出る」

 

です。

 

受験勉強している最中は、模試が高い人がすごいと感じますが、そのような劣等感/無力感に押しつぶされる前に、2つやるべきことがあります。

 

 

 

②模試を受けるうえでやるべき2つのこと

 

それは「受けてる最中」と「受け終わった後」で2つあります。

 

模試でやるべき1つ目は、

 

「本番を想定して受けること」

 

です。

 

「本番を想定する」とは、「本番の緊張感を持つ/解く順番を工夫する/解けない問題は諦める」などの、「本番でやるべきことを想定して実践する」ことです。

 

これは塾講師をしていて感じたのですが、残念ながら本番でいつもの実力を発揮できずに大学進学する受験生が非常に多いです。

 

これは、「模試を模試と思って」受けてしまうことに起因すると思います。

 

こういう人たちは、大変地頭が良い上に緊張しないタイプの人たちで、非常に羨ましいのですが、本番の受験はそれでは上手くいかないことが多々あります。

 

オリンピック選手がよく言う「オリンピックの魔物」のように、本番でありえないミスをする/頭が真っ白になる/なぜか頭が回らない現象がよくあるようです。

 

しかし学校の先生や塾の人たちは模試の結果のことばかり気にするので、「本番の想定の仕方」について教えてくれず、こういう事態が生じてしまうのです。

 

模試でやるべき2つ目は、

 

「模試の復習」

 

です。

 

はいはいでました「復習」(笑)

 

と言いたい気持ちはわかりますが、ここでの復習は「問題の内容を復習すること」だけではありません。

 

「模試の復習」とは、「出た問題/間違えた問題から教訓を得る+実践した想定の反省+次回実践する想定を考える」ことです。

 

模試は大変良い実践経験にもかかわらず、「結果」しか見ないのはもったいなさすぎます。

 

1日集中して試験を受けたからには、「知識+実践」の反省をして最大限に模試を利用したいです。

 

だから私は、試験で費やした時間の2倍は復習に充てていました(1日10時間受けたら、2日で20時間復習する)。

 

この、じっくり復習する時間にこそ模試を受ける意義があり、復習しないのであれば受けずに1日勉強していた方がましです。

 

しかし現実は「復習なんてめんどくさいからやらない」受験生が97%なので、逆に周りに差をつける最高のチャンスです。

 

もう一度言います、

 

復習とは単に、知らなかった知識を復習することではなく、実践(緊張/解く順番/諦める時間)の反省をすることです。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

模試は「結果」は意味がなく、「利用する」ことに意義があることが伝わったでしょうか。

 

模試は他人と違うことをして差をつけるいい機会なので、ぜひそれを実践してほしいです。

 

では。

コロナに負けるな浪人生~今できるおすすめ行動5選~【大学受験】

コロナウイルスやばいですよね・・・

 

私的にはもう少しでオーバーシュート(爆発的患者急増)が起きると思います。

 

そんな世の中があわただしい今、浪人生にできるおすすめ行動を紹介しようと思います。

 

 

~もくじ~

おすすめ行動①:1日○○時間じっくり勉強してみよう

おすすめ行動②:○○を消してみよう

おすすめ行動③:○○○○の習慣を作ろう

おすすめ行動④:○○〇/〇○○を捨てよう

おすすめ行動⑤:○○○○を書き始めよう

 

 

 

おすすめ行動①:1日10時間じっくり勉強してみよう

 

現役時代もそれくらいやっていたかもしれません。

 

しかし浪人生となった今、現役時代とは心機一転、もう一度初めに戻って基礎の基礎からじっくり勉強してみることをおススメします。

 

現役時代に積み上げた知識をいったん全部捨てて、また新たに積み上げましょう。

 

基礎とは何なのかについて書いた記事はこちら↓

 

leroysaneeee.hatenablog.com

 

 

 

おすすめ行動②:SNSを消してみよう

 

一番手ごろにできて、なおかつ効果絶大な行動です。

 

コロナで世の中があわただしい今、SNSを見れば興味がわいてくるニュースが沢山飛び込んできます。

 

しかし、他人のニュースを見てあなたは幸せになったり、知識が身につきますか?

 

そろそろ他人のニュースばかりに気を取られるのはやめて、自分に時間を使って、さらに幸せに1歩近づくことをおススメします。

 

SNSの必要性について書いた記事はこちら↓

 

leroysaneeee.hatenablog.com

 

 

 

おすすめ行動③:早寝早起きの習慣を作ろう

 

生活習慣が変わると、人生が変わります。

 

睡眠の質/量はメンタル面に直結します。

 

今やる気が出なかったり、なぜか不安だったり、めっちゃネガティブ思考だったりする人、ほぼ全員睡眠不足/生活習慣の崩壊が原因だと思われます。

 

そろそろ2時に寝て10時に起きる生活をやめて、23時に寝て7時に起きる生活に切り替えましょう。

 

人生変えたいなら、実際にやりましょう(やってみないと一生分かりません)。

 

 

 

おすすめ行動④:現役時代に使っていた参考書/問題集を捨てよう

 

現役が終わった後、参考書/問題集の整理をするべきです。

 

現役時代に使ったものたちは、現役時代の考え方がこべりついていて、浪人生にとっては無益どころか有害物質になってしまいます。

 

浪人する人の考え方にはなにかしらの問題点があり、それを探すのが浪人生の使命であるので、思い切って参考書/問題集は全部捨ててしまいましょう。

 

どうせ残しても1回も使いません。

 

 

 

おすすめ行動⑤:浪人日記を書き始めよう

 

日記とか恥ずかしい笑笑

 

という恥は捨てて、合格に1歩前進しましょう。

 

日記、といっても書くことは普通の日記と違い、その日の勉強時間/感じた問題点・改善点/明日にやりたいことなど、いわば自分のデータ帳的な書きものです。

 

よく悩みは紙に書いて可視化しよう、と言われますがまさにその通りで、問題点は具体的に紙に書きだすことで大幅に改善されます。

 

ヒトの脳は実際に見たもの/経験したものから記憶するので、日記に書くことで脳に残り、それを改善しようと自動的に脳が働くのです。

 

私は浪人が終わった際、ノートはすべて捨ててしまいました(ちょっと後悔してる)。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

今すぐにできて、なおかつ合格に1歩近づける効果絶大なものばかりなので、ぜひ1つでも試していただけると嬉しいです。

 

では。

 

 

 

予備校入学前に浪人生がやっておくべきこと4選【大学受験浪人】

「予備校生活ってどんなかんじなんだろう・・・」

 

「新しい生活ってドキドキするな~」

 

 

そんな予備校入学を目前に控えた、なんか落ち着かない浪人生のために今回は、

 

 

『予備校入学する前にやっておくと非常に有益なこと4選』

 

 

について紹介しようと思います。

 

 

実際に行動する人はほとんどいないと思いますが、この中の1つでもやれば勝利=合格に大きく近づける、と思って記事を読んでほしいです。

 

 

~もくじ~

やっておくとよいこと①:現役時代の反省をノートに書きだす ~大切なのは○○にする~  

やっておくとよいこと②:1年間/1か月/1週間/1日の大まかなシミュレーションをする~浪人生は時間がないです~

やっておくとよいこと③:睡眠習慣を正しくする~悪習慣の思わぬ弊害~

やっておくとよいこと④:スマホのアプリを整理する~何個消せるか~

 

 

 

 

やっておくとよいこと①:現役時代の反省をノートに書きだす

 

これをやるとやらないとでは、天と地もの差がつきます。

 

大事なことは、「ノートに箇条書きにする」ことです。

 

おそらく多くの人が、心の中で何個か現役時代の反省点が思い浮かんでいると思いますが、それを箇条書きにして一覧にすることが重要です。

 

勉強する、とはつまり自分の良くない点を改善する、ということです。

 

自分の直すべきところを可視化して、それを改善することに力を注ぐと、「なんで成績が伸びないのか分からない」という状況を打破できます。

 

 

 

 

やっておくとよいこと②:1年間/1か月/1週間/1日の大まかなシミュレーションをする

 

浪人生にとって怖いのが、「気づいたら受験まで時間がない」という状況です。

 

これが来るのが大体10月~11月なので、そこらへんで撃沈する浪人生は多いです。

 

浪人生は、「時間が無限にある」と錯覚しがちですが、実は真面目にスケジュールを立ててみると、「意外と時間がない」ことに気が付きます。

 

例えば私の場合、1年単位なら、

 

4月~6月 数学、国語、英語、物理、化学の『全範囲』の基礎を身につける

7月~8月 3か月で身につけた基礎を使って、夏期講習でアウトプットを強化する

9月~11月 5か月で身につけた基礎の上に、応用できる力をつける

12月~1月 センター試験/二次試験対策に集中する

2月 1年間の積み重ねを再点検し、自分のやってきた力で戦う

 

のようなかんじです。

 

これらを達成するために、さらに細分化して1か月、1週間、1日と計画を立てると、意外と時間がないことに気がつきます。

 

計画を立てることは、最初は時間の無駄に思えるかもしれませんが、実は最も重要なことです。

 

 

 

 

やっておくとよいこと③:睡眠習慣を正しくする

 

いつも何時に起きて、何時に寝ていますか?

 

深夜2時に寝て、昼の11時に起きるような生活をしていないでしょうか?

 

睡眠がメンタル面に重大な影響を及ぼすことは、世界的に知られている『事実』です。

 

11時には布団に入り、朝7時に起きることによって、メンタルが非常に安定します。

 

この睡眠習慣を矯正することは、初めは辛いですが、3か月もしていれば徐々に慣れてきます。

 

もし最悪な睡眠習慣を続けてしまったら、それによる自己嫌悪などの負のスパイラルが生じ、今後の人生にひどい損害をもたらします。

 

逆に、良質な睡眠習慣を過ごせば、人生が輝きだします。

 

 

 

 

やっておくとよいこと④:スマホのアプリの整理をする

 

おそらく、今一番時間を費やしていることは、「スマホを見ること」だと思います。

 

その見ているアプリ、何か意味があってしていますか?

 

例えば、LINEで恋人にメッセージを送らなければならない、とかなら意味があるかもしれません。

 

しかし、なんとなくInstagramのストーリーを見る、Twitterのタイムラインをスクロールする、ツムツムする。

 

なんの有益なことも生みません。

 

自分に意味のあるものなら残していいと思いますが、全く価値を生まないものは全部削除していいと思います。

 

ちなみに私はLINE、TwitterInstagram、ゲーム、すべてアカウントごと削除しました。

 

後悔どころか、あの時消さなかったら今頃どうなっているのだろうか、と恐ろしくなってきます。

 

ぜひ勇気をもってアプリを消してみてください。

 

1年後にはなんのダメ―ジがないことに気づきます。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

1個でも実践するあなたは合格に1歩どころか100歩近づくことでしょう。

 

では。